マネジメントする上で働くメンバーが欲しくてたまらないものって知っていますか?知っておくべきですよ!

部下を持ったら知っておきたい事がある。部下は何が欲しいか?

中には「給料」って言う人もいるかもしれないがもっと欲しいものあるんです。

これって仕事の現場でなくてもそうかも知れません。

人間が欲しいもの・・・

それは・・・

『認められたい!』

って言う事です。

このワード知らないでマネジャーやっている人・・・上司に文句言って下さい。

これを読む皆さんは「認められた事」ってありますか?

多くの人はそんなに多くはないと思いますが・・・嬉しいですよね!

みんなそうなんです。

がんばっちゃいます!

ただし、最近は人の事を認めてあげる人って少なくなってきた感じがしますね!

私が「認める」ってそんなに大きい話ではないんです。

例えば・・・

飲食店の作業教育を新人にしますよね!

おそらく複数の作業を教えると思うんですが・・・「うん!それでOK」って言えていますか?

ここをちゃんと認めないと新人の従業員は「何が正解なのか分からずに出来ている作業でも不安にやるようになります!」

何も自信を持たないで作業します。それがお客様にうつります!

確かに作業にはレベルがあるんですが第一段階の「認める」を是非実施する事です。

基本的にコレが上手い人は本当に「教育が早い」です。

偉そうに「マダマダだな!」なんて言っている人は下の人間を育てるの下手です。

『人間は認められたいから頑張る』

皆さんのこれからのマネジメント人生には死語にならないように!