結構知らない!ワンツーマネジメントって知っていますか?部下が自分で考えて行動する人間になりますよ!

『ワンツーマネジメントって知ってますか?部下や社内の人間を育てたいなら知っておくべきですよ!』

簡単なサンプルケース出すと!

『両親』

って感じですね!

基本的に組織に入ると上司って1人なんです。なので日々の命令は1人の人間からしか出ないのが普通です。ただし、人間を育成しようと思ったら上司1人だけじゃ無理なんです。

両親って違う人間なんです。

なので「話す事、教える事、考えている事」・・・違うんです。

これが非常に子供には良いんです!

子供に対して「叱ったり、教えたり」するの違うと子供はどうなるか分かりますか?

そう、「考える」んです!

例えば父親は男なら自転車ぐらい乗らないとダメと言って、母親は最近事故が多いからあえて乗らなくても良いって言う夫婦がいたとします。

・・・子供考えますよね?

これが子供の育成には物凄く良いんです!

これが同じ意見だと・・・何も考えないで指示が出ないと動けない人間になってしまうんです。

なので教育に関してはいろんな人がアドバイスしてあげられる環境つくってあげるのは結構大事なんです。

こんな側面もあるんです。

「ボケ」と「つっこみ」

お父さんが叱ったらお母さんがフォローする!

お母さんが叱ったらお父さんがフォローする!

これも教育や育成の現場では必要な事なんです。もしかすると結構大きな割合を占めるかも知れません!

大人でも同じなんです!

お父さんを1(ワン)、お母さんを2(ツー)

で私はこれをワンツーマネジメントって言います!

少し応用編としては私は代表をしているのでまずアドバイスされにくい環境にあります。何かを行う時にはどうしても自分だけの範疇でしか動けないんです。

なので代表になって3年後ぐらいから、いろんな人に意見を聞くようにしています。子供とかに聞くときもあります。

物凄く参考になるんです。キャパも広がります!

いいですよ!

追伸・・・あんまり強引な命令ばかりになると・・・指示待ちの人間ばかりになりますよ!(笑)